Home > item

item Archive

eRemoteをAmazon Echo(Alexa)で動かす(家電を声で動かす)

 AmazonのAlexaやGoogleHomeを使って、音声で家電の操作ができるらしいということを知った。
 そして、色々調べてみたところ、eRemoteを購入し色々設定すれば家電が声で操作できるらしい。簡単に言うと下記のとおり。

  • eRemoteを設定し、スマホで家電の操作ができるようにする
  • アレクサを設定()し、声で操作できるようにする

 実際やってみて実感したが、自宅WiFiのSSIDを隠していては設定できないとか、eRemoteのMACアドレスを事前に知ることができないとか、そういった部分で大変苦労した。上記リンクをよく読んで確実に実行する必要がある。
 ひとまず、扇風機とLED照明の電源ON/OFFをアレクサ経由で声で実行できるようにした。

LinkJapan eRemote IoTリモコン 家でも外からでもいつでもスマホで自宅の家電を操作 【Works with Alexa認定製品】
LinkJapan eRemote IoTリモコン 家でも外からでもいつでもスマホで自宅の家電を操作 【Works with Alexa認定製品】
LinkJapan
売り上げランキング : 7407

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Amazon Echo Dot、ブラック
Amazon Echo Dot、ブラック
Amazon 2018-04-03
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Amazon Echo、サンドストーン (ファブリック)
Amazon Echo、サンドストーン (ファブリック)
Amazon 2018-04-03
売り上げランキング : 7

Amazonで詳しく見る by G-Tools

marumanのソーラー電波腕時計GETWAVEの電池を替えた

  • 2018-04-15 (日)
  • item

 2008年にmarumanのソーラー電波腕時計、GETWAVE(MJW077)を購入した。バンドを交換しつつ使っていたのだが(参考)、だんだんと使う頻度が減っていった。
 数年前、たまには使おうかと引っ張り出したのだが、ソーラーパネル面が下になったまま放置していたせいか、動かなくなっていた。じゃあ電池を替えてもらおうと購入した家電量販店に持っていったら「生産中止になっているので対応できない」と言われた。悲しみに暮れて泣く泣くGETWAVEをがらくたばこに放り込んだ。
 時は更に過ぎて先日、久々にGETWAVEを取り出して思った。「どうせ捨てるだけなら最後にバラしてみるか」と。小さめのプラスドライバーで裏のフタを開けてみたところ、電池が自分でも替えられそうだ。外してみたところ使用電池はCR2032。使い道もなく放置されていた使用推奨期限切れのCR2032がたまたまあったため、それに交換してみたところ、正常に動き出した。やった!(防水性能云々は知らぬ)

 今度は、ソーラーパネル面に常に光が当たるように置いておくように気を付けて、この時計がいつまでもつか観察したい。そしてたまにはこの時計をつけて外へ出たい。

パナソニック リチウム電池 コイン型 3V 2個入 CR-2032/2P パナソニック リチウム電池 コイン型 3V 2個入 CR-2032/2P

パナソニック 2002-04-01
売り上げランキング : 425

Amazonで詳しく見る by G-Tools

[ゲットウェーブ]GETWAVE 腕時計 両局ソーラー電波時計 MJW075シリーズ MJW077-04 メンズ [ゲットウェーブ]GETWAVE 腕時計 両局ソーラー電波時計 MJW075シリーズ MJW077-04 メンズ

GETWAVE(ゲットウェーブ) 2008-11-14
売り上げランキング : 150596

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Google HomeとAmazon Echo

 昨年(2017年)の12月頃、Amazon Echoを買おうかと思ったのだが、買うためにはまずは招待メールを受け取らないといけなくて、とりあえずリクエストをした。で、結局数日後にGoogle Homeを買った。

 そして、しばらく経って2018年の2月下旬に招待メールが届いたのでAmazon Echoを買った(Google Home買ったんだから正直買わなくてもいいかなと思っていたが結局買ってしまった)。

 Google HomeとAmazon Echoを触った感想を書く。

  1. Google Home について
    1. MACアドレスはセットアップを完了しないと知ることができない。つまり、家庭内無線LAN環境で各種制限をしている場合はそれを一旦外して、Google Homeをつないでセットアップを完了する必要がある。
    2. Google Homeは基本音声のみで操作できるという印象。
  2. Amazon Echo について
    1. Amazon Echoはスマートフォンと本体をまずはBluetoothで繋げて設定するからか、MACアドレスをセットアップ途中で知ることができる。家庭内無線LAN環境でMACアドレスの制限をしていても、セットアップのついでに許可リストに加えればいいので、各種制限を一旦外す必要がない。
    2. Amazon Echoはスマートフォンを使って操作するケース(スマートフォンを使って操作したほうが簡単なケース)が多いように思える。音声のみでの操作はちょっときつい。
    3. Amazon EchoはKindleで購入した書籍を読み上げてくれる(対応している書籍とそうでないものがある)。日本版でこの読み上げ機能が付いたのは割と最近のようだ。しかしこの読み上げ機能、本を読み上げてくれなかったり、読み上げてくれても途中で止まってしまったりする。ついでに言えばスマホアプリで書籍一覧が表示されるのだが、購入しているのに表示されない場合がある。このへん改善してくれないと厳しい。
    4. 色々スキルを追加できるが、たまに挙動がおかしくなってしまう。 Alexaに何を話しかけても特定のスキルのセリフを延々と繰り返してしまうことがあった(仕方ないのでそのスキルは削除した)。

 いったんセットアップしてしまえば、動かすのは簡単なので、色々と使い方を覚えていきたい。

参考:特集 スマートスピーカー

Google ga00216-usホームMiniチャコール Google ga00216-usホームMiniチャコール

GOOGLE
売り上げランキング : 1877

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Polar Balance

 購入したのは2017年の3月。もうだいぶ前になってしまった。
 昔からPolarの心拍計を使っており、Polar Flowというポータルが出来て以降はそこで運動データやライフログを管理している。今日紹介するPolar Balanceを用いることで、日々の体重もPolar Flowに記録することができる。

 Polar Balanceとは簡単に言うとBluetooth体重計。測れるのは体重のみ。体脂肪すら測れない。そこは正直残念。
 使い方としては、Polar BalanceをPolar Flowのアカウントに結び付ける。そして、既にアカウントと結び付けてある他のBluetooth対応のPolar製品やスマホ経由で体重をPolar Flowアカウントに記録する。
 しかし、私の場合、製品によっては体重をうまくアカウントに取り換えてくれなかった。具体的にはA370。最初のほうは良かったのだがすぐに取り込んでくれなくなった。いくらペアリングし直してもダメ。一時期それで嫌になって、日々の体重の取り込みをしなくなった。ちなみにV800なら体重の取り込みは問題なくできる。
 ただ最近になって、Polar Flowを入れたiPhoneを使えば体重を取り込んでくれることに気づいたので、これからは体重を取り込む頻度を増やしたい。

POLAR(ポラール) 【日本正規品】活動量計と連動した体重計・管理システム Polar Balance (Bluetooth Smart) ブラック 91055255 ブラック POLAR(ポラール) 【日本正規品】活動量計と連動した体重計・管理システム Polar Balance (Bluetooth Smart) ブラック 91055255 ブラック

POLAR(ポラール) 2016-05-20
売り上げランキング : 183673

Amazonで詳しく見る by G-Tools

POLAR(ポラール) 【日本語対応/日本正規品】活動量計+リスト型心拍計 A370 アイボリーホワイト M/L 90064878 ホワイト M/L POLAR(ポラール) 【日本語対応/日本正規品】活動量計+リスト型心拍計 A370 アイボリーホワイト M/L 90064878 ホワイト M/L

POLAR(ポラール) 2017-07-13
売り上げランキング : 55856

Amazonで詳しく見る by G-Tools

POLAR(ポラール) 【日本語対応/日本正規品】GPSマルチスポーツウォッチV800 2 HR レッド(心拍センサー付) 90060773 レッド POLAR(ポラール) 【日本語対応/日本正規品】GPSマルチスポーツウォッチV800 2 HR レッド(心拍センサー付) 90060773 レッド

POLAR(ポラール) 2016-09-08
売り上げランキング : 106492

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Polar A370 購入

 2014年3月にPolar Loopを購入してライフログの記録を行っていたが、Loopから乗り換えることにした。PolarのA370。

 A370の製品紹介はここ製品サポートはここ

 Loopは安くて長持ちしている良い製品だけど、単体で心拍数を採ることができない。A370は心拍センサーを内蔵しているのでこれ単体で心拍数を採ることができるし、着けている間継続的に心拍数を採ることができる。

 公式サイトによるとスペックは以下の通り。

バッテリー持続時間: 最長4日 (心拍数を継続的に計測し、1日1時間のトレーニングを含む、毎日24時間の活動量を記録した場合 (スマート通知の利用なし))

防水 (WR30)

 また、LoopやV800はPC接続するケーブルが独自規格だけど、A370はmicroUSBなのがありがたい。PCとのデータ同期時間を測定してみたら9分以上かかった。Loopの時はすぐに終わったのとは対照的で、ここは注意したほうがいいかも。

2017/10/19追記:PCとの同期が9分以上かかると書いたけど、現在は一日一回のペースで同期させているがそこまで時間はかからない。

POLAR(ポラール) 【日本語対応/日本正規品】活動量計+リスト型心拍計 A370 ブラック M/L 90064881 ブラック M/L POLAR(ポラール) 【日本語対応/日本正規品】活動量計+リスト型心拍計 A370 ブラック M/L 90064881 ブラック M/L

POLAR(ポラール) 2017-07-13
売り上げランキング : 5444

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Mio LINKのバッテリがヘタってきたのでMio FUSEを購入した

 心拍計(HRM)のセンサーとして、2014年に手首に巻けるタイプのものを購入した。2014年6月に購入したMio LINK。これ、バッテリの持ち時間は公称6~8時間とある(2014年当時は8~10時間と書いてあったような記憶があるんだが…)。
 さて、このMio LINKを2年以上使っていたのだが、2016年の9月に6時間40分くらいでバッテリが切れた。2016年の10月には5時間40分くらいでバッテリが切れた。週末メインに使っている程度なんだが、もうバッテリがヘタってきたのか…
 正直、この程度の時間でバッテリ切れになってもらっては困るので、Mio FUSEを購入。ディスプレイなんて要らないんだけど、Mio LINKを超えるバッテリ容量が必要なので。
 公式サイトから13,450円くらいで購入した。でもさっき(2017年1月)見たら10,800円になっていた。
 私はPolarのV800と組み合わせて使っている。どうも10時間くらいはバッテリはもってくれるもよう。

  • 参考リンク
  • Mio 活動量計 【日本国内正規販売品・保証付】MIO FUSE ミオ フューズ クリムゾン (Lサイズ) 継続的心拍測定ライフトラッキングデバイス Bluetooth SMART/Bluetooth 4.0 ANT+対応 Mio 活動量計 【日本国内正規販売品・保証付】MIO FUSE ミオ フューズ クリムゾン (Lサイズ) 継続的心拍測定ライフトラッキングデバイス Bluetooth SMART/Bluetooth 4.0 ANT+対応

    Mio
    売り上げランキング : 5951

    Amazonで詳しく見る by G-Tools

    扇風機が壊れたので買い替えた

    • 2015-08-31 (月)
    • item

     三年前に買った扇風機というかサーキュレータが壊れた。
     買ってしばらくしたら首振り時に音が出るようになり、去年あたりに羽が突然回らなくなった。その時はカバーを外して羽に手で勢いをつけると回るようになるので、カバーを外した状態で使っていた。
     だましだまし使い続けられればよかったのだが、数日前には首振りモードが働かなくなり(ガリガリと大きな音がでるのみ)、そして程なく羽そのものが回らなくなった。手で勢いをつけてもダメ。さすがにもうダメか。もうちょっと長く使えてほしかったなあ。

    アイリスオーヤマ ENC-20K サーキュレーター首振り静音タイプ (ブラック) 1台 アイリスオーヤマ ENC-20K サーキュレーター首振り静音タイプ (ブラック) 1台

    アイリスオーヤマ
    売り上げランキング : 16579

    Amazonで詳しく見る by G-Tools

     というわけで新しく扇風機を用意しないといけない。普通の扇風機タイプのものでもいいけど小さいのがいいなと思い、色々悩んだがHerbRelax ヤマダ電機オリジナル DCモーター搭載 3D扇風機 YFD-R310Cを購入。さて何年間使えるだろうか。

    POLAR V800購入した

    ※V800は2014/7/7に届いて、触って間もないため、ここで書いたことには間違いが含まれている可能性があります。

     POLAR V800特設サイト)が届いた。

    POLAR(ポラール) ハートレートモニター V800 HR ブラック/グレー [心拍センサー付き] 90047436 POLAR(ポラール) ハートレートモニター V800 HR ブラック/グレー [心拍センサー付き] 90047436

    POLAR(ポラール) 2014-07-04
    売り上げランキング : 49128

    Amazonで詳しく見る by G-Tools

     V800は心拍センサー付き(胸に巻くタイプ)のものを購入してるが、心拍センサーはMIO LINK(私はamazon.comで購入済)を使うことができた。

    Mio 56P-GRY Link Continuous Strapless Heart Rate Wrist Band, Slate, Small/Medium Mio 56P-GRY Link Continuous Strapless Heart Rate Wrist Band, Slate, Small/Medium

    Mio
    Sales Rank :

    See details at Amazon by G-Tools

     ただ、MIO LINKのバッテリー持続時間は8-10時間(公式サイトより)なので、電源が確保できない時にはV800の心拍センサーが必要になる。

     また、V800で採ったデータの管理にはPOLAR FLOWのサイトやスマホアプリが使うことになる。データ管理において、V800とPOLAR LOOPの併用ができるのかどうかは今後見ていきたい。
     V800のマニュアルはここ

    胸バンド無しで心拍数を測れるMio LINK

     adidasのsmart run色々アレなようですね(関係あるようなないような前フリ)。

     さて、胸にバンドを巻かなくても運動時の心拍数をリアルタイムに測れるプロダクトとして、Mio LINKという製品があるようです。腕に巻くことで心拍数を測定できるらしい。

    Mio 56P-GRY Link Continuous Strapless Heart Rate Wrist Band, Slate, Small/Medium Mio 56P-GRY Link Continuous Strapless Heart Rate Wrist Band, Slate, Small/Medium

    Mio
    Sales Rank :

    See details at Amazon by G-Tools

     Mio LINKはamazon.comや公式サイトで購入できるみたい。私はamazon.comで購入した。本体99USD+送料関税等=125USDくらい。
     マニュアルには日本語も書いてあって、それに従って動かしてみる。Mio LINKにはディスプレイが無いのでスマホアプリに情報表示させてみたり、各種ガジェットに心拍数を表示させる必要がある。こないだ買ったPolar LOOPにも連携させることができた。お互いのガジェットの対応している通信方式を確認して、色々やってみると良いのではないかと思います。

     Mio LINKはiPhoneアプリと組み合わせることで心拍数管理ができるのだけれど、心拍数を測る胸バンド代わりとしての使い道もあるわけです。但し、他メーカの製品と連携できるかどうかは要確認。通信方式をよくチェックしましょう。
     なお、バッテリは8~10時間は保つとのこと。バッテリ充電の際には、LEDが消えれば充電完了。

     Mio LINKとの連携がうまくできるのかはわかりませんが、PolarのV800という製品が2014年7月に日本でも販売開始になるようですね。特設(?)サイトはこれ

    POLAR(ポラール) ハートレートモニター V800 HR ブラック/グレー [心拍センサー付き] 90047436 POLAR(ポラール) ハートレートモニター V800 HR ブラック/グレー [心拍センサー付き] 90047436

    POLAR(ポラール) 2014-07-04
    売り上げランキング : 49128

    Amazonで詳しく見る by G-Tools

    POLAR LOOP

     ライフログ採取リストバンド、と言えばわかりやすいだろうか。製品公式サイトはここ製品マニュアルはここ

     これを利き腕と逆の腕に巻き、その間の身体の動き(横になっている、座っている、立っている、歩いている、走っている、の五分類)が記録される。あ、腕につけていない状態も記録されるので、正確には六分類か。
     ログはiPhoneアプリで確認できる(BluetoothでiPhoneと同期させる)し、POLARのサイトでアカウントを取ってそこにデータを貯めることもできる。
     実際に使ってみたところでは、丸三日は充電しなくても使い続けられそうな感じ。この時は、iPhoneアプリと同期させまくったので、その辺自重すればカタログスペックに近い時間使い続けられるのではないだろうか。
     なお、POLAR LOOPは睡眠の質もある程度判定してくれる(どのような判定ロジックなのかはわからない)。つまり、寝ている間もPOLAR LOOPを腕に巻いているという前提の製品なんだと思う。更に言えば、防水されているのでプールに入る時もシャワー浴びる時も外さなくて良い。一日中常に腕に何かを巻いていることが辛い人は無理しないで外しましょう。

     ここからは個人的に思った注意事項や要望事項。
     時刻表示モードで十秒間ボタンを押し続けると機内モードに切り替わるのだが、これを上手くやるコツがわからない。私は一回しか機内モードへの移行に成功していない。

     また、バンドの長さを調整するには、バックルを外してバンドを自分で切って調整しないといけない。どのくらいバンドを切ればいいのかを知るための、紙のバンドが付属しているのだが、それに従って実際にバンドを切っても何故かぶかぶかだった。なので、その先は目測でバンドを切らないといけないのだが、その時は穴一つぶんずつ慎重に切って調整を行うのがいいと思う。あと、スプリングバーを飛ばして無くさないように注意を。

     最後に、他のPOLAR製品で撮ったデータとの連携の問題。私はPOLAR製のハートレートモニターRS400を既に使っているのだが、RS400で撮ったデータとPOLAR LOOPで撮ったデータを一元管理することはできない。POLARの心拍数採取バンドには、電波で飛ばすタイプとBluetoothで飛ばすタイプがあって、両方に対応しているバンドが無いのはわかっているのだが、双方に対応したバンドは出てこないのだろうか。技術的なことはわからないが、使う側としては胸にバンドを二つも巻きたくないというのが素直な感想である。

    POLAR(ポラール) アクティビティトラッカー LOOP ブラック 90049500 POLAR(ポラール) アクティビティトラッカー LOOP ブラック 90049500

    POLAR(ポラール) 2014-01-30
    売り上げランキング : 7265

    Amazonで詳しく見る by G-Tools

    POLAR(ポラール) アクティビティトラッカー LOOP ブラック + POLAR(ポラール) Bluetooth smart H6 心拍センサー M-XXL セット POLAR(ポラール) アクティビティトラッカー LOOP ブラック + POLAR(ポラール) Bluetooth smart H6 心拍センサー M-XXL セット

    ポラール
    売り上げランキング : 53245

    Amazonで詳しく見る by G-Tools

    POLAR(ポラール) ランニングモデル ハートレートモニター(S1 Foot pod 付き) RS400sd POLAR(ポラール) ランニングモデル ハートレートモニター(S1 Foot pod 付き) RS400sd

    POLAR(ポラール) 2007-04-20
    売り上げランキング : 150022

    Amazonで詳しく見る by G-Tools

    ホーム > item

    Search in chanbara CLOCK
    Blogparts

    킹ēǂ݂

    uO^CY

    Feeds
    Blogroll

    Return to page top