Home > book

book Archive

「ぼくは眠れない」椎名誠

 著者は長年不眠に悩んでいるそうだ。不眠になったきっかけや、自身の不眠の解決のヒントを書籍文献などにあたってそこで知ったこと、不眠対策の試行錯誤などについて書かれている。「椎名誠 旅する文学館」やインタビューや過去のエッセイで断片的に語られていたことと重複する部分もあるが、不眠に関する経験や思いがこの本ではまとめられている。
 著者の場合、不眠とは上手く付き合っていくしかないという結論になっているようだ。色々調べ試してみた結果、結局はそこに行きついているもよう。

ぼくは眠れない (新潮新書) ぼくは眠れない (新潮新書)
椎名 誠

新潮社 2014-11-14
売り上げランキング : 27904

Amazonで詳しく見る by G-Tools

「敏感過ぎる自分を好きになれる本」長沼睦雄

 些細なことに反応してしまう。そんな人はHSP(Highly Sensitive Person)なのかもしれない。HSPは医学的な概念として認められていないらしい。しかしHSPと思われる人は確かにいるように思われる。この本でも「性格や思考のゆがみでは説明できない過剰な敏感さ」と説明されている。
 そんな人は如何に「生きづらさ」に対応していけばいいのか。そのヒントが記されている。「過剰な敏感さ」を利用して支配しようとしてくる人からは距離を置く、などのこと。

「敏感すぎる自分」を好きになれる本 「敏感すぎる自分」を好きになれる本
長沼 睦雄

青春出版社 2016-04-29
売り上げランキング : 2800

Amazonで詳しく見る by G-Tools

「アラフォー男子の憂鬱」常見陽平 おおたとしまさ 編著

  • 2016-12-30 (金)
  • book

 執筆者は速水健朗、常見陽平、赤木智弘、おおたとしまさの4氏。
 「どっちつかず」「端境期」という単語が出てくる(脳裏に浮かんでくる)。ゲーム体験やインターネット体験を経ていつの間にか中年に。
 この本、2013年12月に出ているので、もう三年前になってしまった。この本自体は発売後割とすぐに買って読んだのだが、このエントリは軽く下書きして放置していた。
 今、久々にこの本を取り出して読んでいる。色々懐かしく振り返ろう。

 東洋経済ONLINEの特集記事

アラフォー男子の憂鬱 (日経プレミアシリーズ) アラフォー男子の憂鬱 (日経プレミアシリーズ)
常見 陽平 おおたとしまさ

日本経済新聞出版社 2013-12-10
売り上げランキング : 16354

Amazonで詳しく見る by G-Tools

「北緯66.6° 北欧ラップランド歩き旅」森山伸也

  • 2014-11-12 (水)
  • book

 北欧ラップランドに興味を持ち、情報の少ない中手探りで準備をして、実際にラップランドを何日もかけて歩いた…という体験記。
 北欧ラップランドを歩きたいと思った時、それに関する情報は、ないことはないが確かに少ない。しかも、テントを担いで何日も、となると更にハードルは高くなる。
 この本には具体的で詳細な情報は書かれていないが、ところどころにヒントのようなものは書かれているし、実際に歩いた時に思ったこと、苦労したことが書かれていて、読んでいて引き込まれる。

 テントを担いで何日も歩く、というのは私にはハードル高い(そもそもテント持ってない)けど、どこかの拠点に泊まってその周辺を歩く、というところから始めてみたい。

北緯66.6° 北緯66.6°
森山 伸也

本の雑誌社 2014-10-23
売り上げランキング : 4917

Amazonで詳しく見る by G-Tools

「メインの森をめざして」加藤則芳

  • 2014-11-07 (金)
  • book

 アメリカ東海岸の3500kmくらいあるトレイルを歩き通した記録。トレイルを歩く中で出会った人たちや、トレイルを歩く人を助ける「トレイル・エンジェル」と呼ばれる人たちとの交流、歩く中での著者の思索やもろもろの喜怒哀楽を綴った本。
 著者がハードな行程を歩ききって、途中で出会い同様にハードな行程を歩ききった海外のハイカーが体重が減った一方で、著者自身はアメリカのヘビーな食料事情により逆に体重が増えた、という旨の記述が印象に残った。

メインの森をめざして-アパラチアン・トレイル3500キロを歩く メインの森をめざして-アパラチアン・トレイル3500キロを歩く
加藤 則芳

平凡社 2011-07-09
売り上げランキング : 102118

Amazonで詳しく見る by G-Tools

「アメリカ様」宮武外骨

  • 2014-06-26 (木)
  • book

 昔こういう本がありましたよ、こういう人がいましたよ、という意味合いで読めればよかったんだけど、そのように読めない世の中にまた近づいているのかもしれないなと考えるとどんよりした気分になる。
 巻末の解説で、敗戦当時の日本における「自発的隷従」について触れられている。そしてそれは今でも変わっていない。
 宮武外骨の本ではないが、「自発的隷従論」はこれから読もうと思っている。

アメリカ様 (ちくま学芸文庫) アメリカ様 (ちくま学芸文庫)
宮武 外骨

筑摩書房 2014-02-06
売り上げランキング : 57044

Amazonで詳しく見る by G-Tools

自発的隷従論 (ちくま学芸文庫) 自発的隷従論 (ちくま学芸文庫)
エティエンヌ・ド・ラ・ボエシ 西谷 修

筑摩書房 2013-11-08
売り上げランキング : 30140

Amazonで詳しく見る by G-Tools

「гипноза Gipnoza」核P-MODEL

гипноза Gipnoza гипноза Gipnoza
核P-MODEL

TESLAKITE 2013-11-05
売り上げランキング : 1979

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 ギプノーザ。公式サイトでサンプルが聴ける

 そして、キーボード・マガジン2014年1月号に平沢進インタビューが掲載された。四本淑三氏とのかけあいが昔のテキストサイトっぽくて面白かった。

Keyboard magazine (キーボード マガジン) 2014年1月号 WINTER (CD付) [雑誌] Keyboard magazine (キーボード マガジン) 2014年1月号 WINTER (CD付) [雑誌]
キーボード・マガジン編集部

リットーミュージック 2013-12-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 2014年1月にライブが行われた。Ustreamでも中継された。池部楽器サイト内にあるライブレポート

GREEN NERVE vol.32

 核P-MODEL二枚目のアルバム制作中(2013年10月発売予定)。そして2014年1月にライブ予定。あとはGAZIOオープンの記事、平沢YOU1インタビューなど。

ふたば★学園祭8で入手した作品

ふたば★学園祭
タイトル / サークル名または個人名(または委託先)

マジスタンスシート マジレス 現代アート /ピンクカンパニー カオス*ラウンジ マジスタンスシート マジレス 現代アート /ピンクカンパニー カオス*ラウンジ

ピンクカンパニー
売り上げランキング : 113701

Amazonで詳しく見る by G-Tools

「あの夏で待ってる 2」I*Chi*Ka 毒田ペパ子

  • 2012-08-31 (金)
  • book

 漫画版第二巻。軽井沢ロケハンから沖縄ロケ序盤まで。TV版と同じストーリーだけど細部が違う。
 作画の人は長野・沖縄に取材に行ったらしい。

あの夏で待ってる 2 (電撃コミックス) あの夏で待ってる 2 (電撃コミックス)
I*Chi*Ka 毒田 ペパ子

アスキー・メディアワークス 2012-08-27
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ホーム > book

Search in chanbara CLOCK
Blogparts

킹ēǂ݂

uO^CY

Feeds
Blogroll

Return to page top